洗顔の基礎知識とは?

私は、スキンケアで一番重要なのは洗顔だと思っています。

 

それは、肌というのは自分の力で水分を保ったり、油分を出すことはできますが、唯一汚れを落とすことはできないからです。

 

ただしニキビを治したいという一心で、つい力を入れてゴシゴシこすってしまえば、肌が傷つくだけです。絶対にやめましょう。

 

また、特にオイリー肌の人は、皮脂を抑えたいがために洗顔をこまめにするのは良くありません。

 

皮脂の取り過ぎは肌の水分を減少させ、かえって皮脂の分泌を促します。

 

朝からテカって仕方がないという人は、十中八九洗顔のし過ぎです。

 

あるいは、あぶらとり紙の使い過ぎです。

 

日中テカりが気になる人はティッシュで軽く皮脂を抑えるようにしましょう。

 

洗顔料は何が良いの?

 

洗顔料で一番大切なのは、「汚れを落とす力」です。

 

市販されている石けんには、ミネラルやコラーゲン、保湿成分など、+αの成分が色々入ってるものがたくさんありますが、それらの成分は結局最後には洗い流すので入ってるだけムダです。

 

洗顔料とは、あくまで「汚れを落とすもの」であって、それ以下でもそれ以上でもありません。

クレイ

肌に良い成分を取り入れるのを目的にするなら、それはもう洗顔料ではなくなってしまいます。

 

特に敏感肌は、配合成分の数が多ければ多いほどトラブルが起きる確率も高まるので(悠香の茶のしずく問題がありましたね)、無添加か、それに近いシンプルな成分の洗顔剤を選ぶとより安心です。

 

洗顔剤は、石鹸などを使うとついついこすったり、ごしごしと力を入れて洗顔してしまう事もあるので、出来れば泡で汚れを浮かすタイプのものか、クレイなどの洗顔剤がオススメします。

 

但し、出来るだけ天然由来の成分を配合しているものを選んで下さい。

 

洗顔の際の注意点って何?

洗顔するときに大切なのは、洗顔料ももちろんそうなのですが、一番大切なのは「泡のきめ細かさ」です。

 

泡というよりも、生クリームのような状態まで泡立ててください。

 

泡

目安は手の平にもっちり吸い付くくらいです。量はピンポン玉くらいあれば十分です。

 

顔の汚れはこすらないと落ちないと思い込んでる人が多いですが、実際は洗顔料を肌にのせるだけで汚れはちゃんと落とせます。

 

汚れを落とすには、中和・分解させるのが基本です。

 

つまり、弱酸性の皮脂汚れに弱アルカリ性の石けんを合わせ、中和・分解させ水で洗い流す、ということです。

 

こすって汚れを落とすわけじゃありません。

 

ただこの時、キメが粗い弾力のない泡では何の役にも立ちません。

 

なぜなら、泡というのは油汚れがついた瞬間にはじけてなくなってしまうからです。

 

例えば、ワックスをつけた髪の毛や、油がついた手(肉などを触った手)だとなかなか泡立ちませんよね。それと同じです。

 

大きい泡では、汚れが落ちる前に泡がなくなってしまいます。

 

なので、生クリームのような状態になるまで泡立ててください。

 

実際に洗顔する

クレンジングの時も言いましたが、洗顔も絶対に肌を直接こすらないが基本です。

 

肌に触れるのは泡だけです

 

こすらなくても十分に汚れを落とせます。

 

正しい洗顔の仕方

泡洗顔

ごしごしこすると、まだ落ちなくてもいい角質がめくれたり、はがれてしまうので絶対にやめましょう。

 

また、洗顔の時に泡パックをすると汚れがよく落ちるなどという人もいますが、実際は泡を長時間皮膚に乗せていると、セラミドなどの脂質を溶かし過ぎてしまうことになり、乾燥や敏感の原因に繋がってしまいます。

 

特に、きめ細かい泡は密度が高いので、余計にそうなりやすいです。

 

泡は乗せたらすぐ洗い流しましょう。

 

そして、洗顔は基本的に肌に負担を掛ける行為なので、肌に負担を掛けないように素早く行いましょう。

 

また、洗顔の時にニキビが潰れてしまった時は、すすぎの最後に、42度くらいの熱いお湯で2、3回すすぐと、ニキビ跡が残りにくくなります。

 

これは熱いお湯で洗顔すると、真皮の血管が拡張して、周囲の組織が盛り上がりニキビの穴をふさぎ跡が残りにくくなるからです。

 

<注意>
熱いお湯ですすぎをするのは、あくまで洗顔中にニキビが潰れた場合のみです。

 

熱いお湯はやりすぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまうので気をつけましょう。